事後に避妊効果を発揮 | ピルを使った避妊方法/意図しない妊娠から女性のカラダを守る

事後に避妊効果を発揮

屋上にいる看護師

ピルを使って避妊をする場合、一般的に使用されるのは低用量ピルだと紹介しました。
つまり、例外的に使用するピルもあるということです。
それがアフターピルと呼ばれるモノで、またの名を緊急避妊薬といいます。

緊急避妊薬という呼び名からもわかるように、アフターピルは避妊に失敗した可能性のある緊急事態にのみ服用するピルになります。
低用量ピルは毎日継続して服用することで避妊効果を発揮していましたが、アフターピルは性行為後に1度服用するだけで高い避妊効果を発揮してくれます。
こちらも服用することで体内のホルモンバランスを急変させ、妊娠しないカラダを作ってくれるのです。
性行為後72時間以内なら高い避妊効果を発揮してくれるのですが、服用するタイミングが早ければ早いほどその効果は高まります。
24時間以内の服用だとほぼ確実に避妊効果を発揮してくれますので、いつ緊急事態が起こってもすぐ対処できるよう、なるべくアフターピルは常備しておくことをオススメします。

低用量ピルは毎日継続して服用しなければいけないのに対し、アフターピルの場合は事後に1回の服用で高い避妊効果を発揮してくれます。
そのため、アフターピルで毎回避妊しようと考える人もいるかもしれませんが、それは危険です。
アフターピルは1回の服用で妊娠を防いでくれるのですが、それだけ強力な効果がはたらいているということです。
急激にホルモンバランスを変化させているということになるため、女性のカラダにかかる負担も大きくなってしまい、副作用が出る可能性も低用量ピルより大きくなっています。
アフターピルはあくまでも避妊に失敗したかもしれない緊急事態にのみ服用するようにし、ふだんは低用量ピルを使って妊娠しないカラダを作っていくのがベストでしょう。