低用量ピルを使って | ピルを使った避妊方法/意図しない妊娠から女性のカラダを守る

低用量ピルを使って

初老の婦人科医

意図しない妊娠を防ぐために使用されるピルですが、よく利用されているのが低用量ピルと呼ばれているモノです。
低用量ピルにも卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、服用することで体内のホルモンバランスを乱し、強制的に妊娠しない状態を作り上げてくれます。
もちろん、低用量ピルを服用したからといってそのまま一生妊娠できない状態になってしまうわけではなく、服用をやめれば再び妊娠できる状態に戻ってくれますので安心してください。
また、ホルモンバランスを強制的に変化させ、排卵を抑制するため、生理不順などの改善に使用することもできます。
ニキビや肌荒れ改善にも効果があるため、避妊以外にも女性に役立つ効果がたくさんありますよ。

低用量ピルは正しく服用さえすれば、ほぼ確実に妊娠を防いでくれる優秀な医薬品です。
ただ、医薬品を服用するとなったときに気になるのが副作用ですよね。
どんな医薬品も特定の病気や症状を治療するのに長けています。
しかし、そのために強力な成分を含んでおり、病気・症状を治療する反面、副作用をどうしても引き起してしまう可能性があるのです。
低用量ピルを服用する場合も、危険な副作用があるのではないかと思われる方もいるでしょう。
ですが、低用量ピルは体内のホルモンバランスを急激に変えるとはいえ、少ない用量の成分で徐々に変化させていくため、身体にかかる負担はかなり少ないです。
そのため、副作用が起こる心配もかなり低くなっており、安心して服用できますよ。
ただし、吐き気や倦怠感など、妊娠初期に似た副作用が症状として出ることもありますので、そのことは頭に入れておきましょう。